顧問税理士

税理士の行う業務は先程紹介した3つの業務が中心となっています。しかし、税理士によってはこれらの業務だけではなく、会社の設立や運営についてのサポートを行っている場合もあります。
こういった会社付きの税理士は「顧問税理士」と呼ばれることもあります。
それでは、どのようにしてサポートを行うことになるのでしょうか。税理士は税金だけではなく、お金のスペシャリストでもあります。会社経営の状況を見て、納税を正しく行うための方法をサポートしつつ、節税のためにできることをアドバイスします。その他にも、会社の名前を決める時の注意点などを教えてくれたりもします。これから会社を設立しようとしている人はきっと税理士に頼りたくなるはずです。

参照ページ|会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所

それでは、具体的にはどのような方法で節税を行うことができるのでしょうか。この時重要なポイントとなるのが「経費の申告」です。税金というのは基本的に利得の金額によって支払いが行われるシステムとなっており、利益から経費を引いた金額がその対象となります。そのため、適切に経費を申告することによって利得を減らすことができるため、納税の額もそれに合わせて減らすことができるようなしくみとなっています。どの程度まで経費として申告を行うことができるのか、ということを内部の状態を見ながら相談できるのが顧問税理士です。