3つの専門業務

税理士の仕事内容は大きく3つの種類に分ける事ができます。税理士にのみ許されている3つの業務があり、これを依頼される場合がほとんどになります。

1つ目の業務となるのが「税務代理」です。これは納税を行う人に変わって税金の申告を行うという業務となります。勤めている人の場合は別として、自営業のような形で収入を得ているような人は毎年1月に確定申告というものを行い、税金を確定させる必要があります。税理士はこの確定申告の代理業務を行うことができます。

次に2つ目の業務となるのが「税務書類」です。これは税務署に提出するための書類の作製代行をする作業ということになります。上記の確定申告の際にも書かなければならない書類があり、税理士はそれを代理で書くことができるようになっています。

最後に3つ目の業務となるのが「税務相談」です。これは、税金を支払いすぎていないかということや、正しく払えているのかということについて相談を受ける業務ということになります。分からない点がある場合にも相談を受けることができるようになっており、納税について不安に思っている全ての人にとって利用できる業務となっています。

このように、税理士は様々な方向から納税をサポートします。