税理士の仕事

国民の三大義務の1つとして重要な要素となっているのが納税です。国の運営は多くの人の税金によって賄われているもので、公共のインフラを使う以上、その維持費としての税金を支払うことは1つの大きな義務となっています。しかし、多くの人は具体的に税金の内容について詳しく知っているわけではないでしょう。特に会社員のような形で務めている人の場合、税金は給与から自動で支払われている場合が多く、細かくどの程度税金として取られているのか、ということを知らない人も多くいらっしゃいます。

そのため、実は損をしてしまっている、という場合も多くあります。実際支払うべき税金額よりも多くの金額を支払っている場合がある、ということです。このように、納税に関する問題というのを解決し、それぞれの納税を適切に行うようにサポートするのが「税理士」と呼ばれる人たちの仕事となります。

サラリーマンのような形で仕事をしている人よりも、むしろ税理士が必要となるのは個人で事業を行っているような人や、会社を設立しているような人の場合となります。こういった場合、節税の目的だけではなく、正しい納税ができているかどうか?ということを考えるだけでも大変で、大きなキャパシティが必要とされます。

もし正しい納税が行えていない場合、追加徴税が行われる可能性があるなど、デメリットが発生することも十分考えられます。それでは、税理士の仕事について、より具体的に紹介します。